うつ治療で心軽やか【神経伝達が原因なら薬物療法が最適】

ウーマン

精神疾患のクリニック

医者

クリニック選び

うつは心の不調という域を越えて1つの病となっています。そのため、その症状が現れた際にはしかるべきクリニックに受診することをお勧めします。うつ治療のクリニックでは訪れた患者さんにまず問診を行います。怪我をした場合の外科、一般的な病気の際の内科などにおいてはレントゲンやMRIなどを使用することでその症状を目視的に把握することが出来ます。しかし、心の病は目視して判断することが出来ないものなので問診が非常に重要となります。そのため、クリニック選びの際には問診に力を入れているかということをよくチェックしておくことをおすすめします。問診結果によって薬を使用せずに治療を行える可能性があります。もしうつであったとしても投薬ではない治療法を選択できることは珍しくありません。投薬は1つの選択肢ではありますが、副作用もあるので慎重な判断が重要となります。投薬以外の方法では改善が見込めないと判断した時に投薬が実施されます。投薬はうつ治療において最も効果が大きいとされることの1つです。その分、適切な薬選びも欠かせません。良いクリニックとされるのは薬が必要かどうかの判断、薬の内容の判断、精神療養の充実などが満たされているところです。口コミなどを調べておくのも1つの手と言えます。うつ治療においては治療費に関してもよく考えておく必要があります。治療が長期化することは珍しくなく、せっかく良くなってきてもお金が尽きて通えなくなってしまっては元も子もありません。うつなどの精神疾患の通院治療費は1ヶ月で1万円から2万円くらいが相場とされています。もちろん、通う頻度や重症度によって必要となるお金は変わってきます。これだけ見ると高そうにも見えますが、うつ治療の多くは保険診療となります。そのため、健康保険証を提示することで患者は負担が3割ほどとなり、6,000円前後まで下がります。うつの症状が重い場合は自立支援医療を受けることになります。この要件を満たしていると患者の負担額は1割となり、2,000円程で良い計算です。うつ病が社会生活を送る上で相当に重い状態であることは既に認められており、それが負担額にも現れています。ただし、精神疾患によって仕事が全く行えなくなっていた場合、月々の2,000円の出費も重く感じられる可能性があります。精神疾患にかかっている方の中で長期にわたって日常生活に制約が生まれている方には精神障害者保健福祉手帳が渡されます。この手帳があると様々な金銭的負担の軽減を受けることができるようになります。