うつ治療で心軽やか【神経伝達が原因なら薬物療法が最適】

ウーマン

症状から病気を探る

ハート

優良な病院を選ぶ

風邪をひいたり怪我をした時とは異なり、心の病気は自分でも症状がない状態で過ごすことが少なくありません。特にうつ病の場合には、治療せずにいると知らない間に悪化してしまい毎日不安定な状態で過ごさなければならなくなることもあります。もしうつ病だとわかれば、早めの治療を行う必要があるでしょう。とはいえ、自分自身がうつ病だと自覚していない段階で病院へ行くのを難しいですので、病気の特徴を知っておくことが重要になります。特徴の1つは、毎日朝起きたときに憂鬱な気分になっていることです。基本的に日常でも会社に行く際や学校に行く際にはこのような状態になることもありますが、休みの日などにも同じような気持ちになった場合には通院した方が良いかもしれません。また、仕事に行く時に心臓がドキドキして不安になってしまうことや明るい気持ちに一切なれず毎日が暗くなってしまうような場合にも、精神的に不安定になっている可能性が考えられます。さらには、全く何もやる気が起こらず、部屋から一切出たくないといった状態もやはりうつ病の可能性があると言ってよいでしょう。部屋から出たくなくなり行動したい気持ちが起こらなくなると、生きる気力がなくなってしまいますので、通院を意識しましょう。うつ病の特徴を知り、その結果通院して治療をしたほうが良いと判断した場合には、病院選びをしなければなりません。もし今まで何度か通ったことがある人であればうつ病の治療をしてくれる病院選びは必要ないかもしれませんが、初めて通う人は一体どこの病院が良いのかわからないはずです。まず基本的には、精神科があればあそこを選ぶべきです。精神的に不安になる場合ややる気が起きない場合などは精神科の選択が良い結果を出す事になるでしょう。その一方で、精神科と似たところに心療内科があります。心療内科は、特に心臓の病気等は無いにもかかわらず継続的に強い動機が続くなど、食物などによる腹痛の原因がないのにお腹が痛くなることが多い時に通う所になります。科が決まれば、後は病院選びをする必要がありますが、口コミや評判を見てどのようなところが良いかを判断しましょう。例えば、医者が一方的に何かを強要してくるようなところはあまり良い病院とは言えませんので、患者の話を積極的に聞いてくれるカウンセラーや医者がいるところを選ぶ必要があります。また、待合室の雰囲気なども非常に重要です。うつ病の状態では、他の人と顔合わせること自体が大きなストレスになってしまう可能性があるため、待合室に人があまりいないようなところや個室になっているところを選ぶべきです。